NuPrime AMG STA パワーアンプ

AMG STAは、パワーアンプの設計においていくつかの新機軸を採用しています。1MΩの入力インピーダンス、そして瞬時の電力供給能力、さらにはクラスDのスイッチング周波数の向上。また、BTL接続でMONO仕様時には300W(8Ω)出力を獲得。

AMG STAに採用されたPCB(基板)は、外部干渉からの影響を出来る限り遮断するためシールドを統合しています。搭載されている300MHz帯域幅のJFETは、超高入力インピーダンスと広帯域に渡る高速応答を提供。ダイナミクスを活かしきる設計により、自然で豊かな音楽再生を 可能にしました。結果的に、オーディオ信号の最も繊細なディテールは一切損なわれず、非常に繊細で透明度が高い再生水準はクラスを超えたもので、ハイエンド機器に比肩できるものです。

AMG STAは、「シングルエンド無帰還」クラスAモジュールと新開発「二重フィードバック」クラスD回路を使用します。クラス D の発振周波数はSTA 9の1.4倍に相当する700kHzに引上げられています。

電源には380W特殊巻線電源トランスを採用。同様のコアボリュームと比較において、30%以上のピーク出力性能を備えています。インレットコネクタから電源トランスへのAC配線には、高電流溶接ラインを利用して最大効率の電力伝送を行い、さらに高周波 3次ACパワーフィルターによって外部ノイズを低減しています。

トランスとマザーボードは、2つの10Aピーク整流器を並列使用し、20Aのロックワイヤーターミナルブロックで接続。大電流設計を採用したメイン電流経路は、低インピーダンスの銅板でアンプ回路への電力供給が最大化されています。

内部構造

Power Circuit

外観

AMGシリーズのフロントパネルはその設計思想を具現化するものです。宇宙航空アルミ二ウム合金素材を、ダイヤモンドカッターを備えた4軸CNCマシンを使用し、15の工程で総計48ステップのプロセスにより精密切削加工仕上げされています。3D「フローティング」ロゴ、フロントパネルスイッチの周囲の曲面、ダイヤモンドカットエッジなどのデザイン要素により、AMGシリーズはミドルクラスの価格帯では見られない、ハイエンドオーディオ製品を凌駕するまでの質感を備えています。

■スペック

出力(ステレオ): 2×130W @ 8 Ohm 、 2×200W @ 4 Ohm
出力(モノラル): 2 ×300W @ 8 Ohm 、 2×320W @ 4 Ohm
定格電流: 10A(ピーク時 15A)
ゲイン: 26dB (ステレオ ) 、 52 dB (モノラル)
S/N比 : 100 dB @ 10W
THD+N : 0.006
再生周波数 : 10Hz~50K Hz +-0.2dB @ 8 Ohm. 58KHz@-3dB
入力インピーダンス: 1M Ohm
入力感度: 1.2Vrms(ステレオ); 0.95 Vrms(モノラル)
本体価格 ¥200,000台(税別)
取扱説明書: NuPrime_AMG-STA取扱説明書(201026).pdf

*仕様や価格は予告無く変更する場合があります。