NuPrime uDSD

uDSDは、優れたサウンドの固定アナログ出力を実現するダイレクトDAC出力があり、ボリューム調整機能と相互に作用して歪みを防ぎます。洗練された設計で構築されたヘッドフォン回路は、あらゆるヘッドフォンを駆動する能力をもたらし、さらにアクティブスピーカーを使用できる機能も備えています。

コンパクト高性能USBデジタルアナログコンバーター

NuPrimeのuDSDは、著しく高性能なUSB駆動のポータブルDACです。お手持ちのPCオーディオをホームステレオ、デスクトップサラウンドシステムやヘッドフォンにお繋ぎいただけます。

サウンド品質

最新の高解像度音楽フォーマットをサポートすることで、uDSDは44.1kHzから384kHz (PCM)までのデコーディングや、DSD 64からDSD 256までのネイティブDSDデコーディングが可能です。

強力なヘッドフォンアンプ

パワフルなヘッドフォンアンプは市場のほとんどの高機能のヘッドフォンの駆動を可能にします。

構造とデザイン

手のひらサイズのアルミニウム筐体が耐久性とエレガントスタイルを提供します。きめ細やかな表面加工のアルミニウムパッケージによって、uDSDはディテールと品質に精巧なこだわりを施しています。

柔軟性の高い接続性

uDSDには同軸S/PDIFとRCAラインレベルアナログ出力を装備しており、幅広いシステムとの互換性を保ちます。ネイティブDSDフォーマットデコーディング機能のおかげで、uDSDは既存のハイエンド非DSD DACのアップグレードに理想的です。

特徴

  • IDA-16に使用されている最新バージョンの3.2USBドライバーを使用
  • 24ビット/384kHzとネイティブDSD 256サポート
  • ディスクリートUSBオーディオレシーバーとD/Aコンバーター、同軸S/PDIF出力付き
  • データ入力とオーバーサンプリングフィルター段でのダブルジッター軽減のための非同期伝送モード
  • 高性能ヘッドフォンアンプ
  • 高電圧2Vアナログ出力
  • 同軸S/PDIF出力
  • 全てのソースの正確なレベルマッチングのための各々の入力にて個別に調整可能なボリューム
  • 高水準なパーツ:USB (DSD):XMOS
  • 高品質アナログボリューム調節
  • 小柄のサイズ
  • USB駆動のため外部電源の必要なし
  • Windows7/8、Mac OS(DSD5.6まで/2015.5現在)に対応

■スペック

入力: USB 1.1, 2.0準拠
USB対応サンプリング周波数: 44.1, 48, 88.2, 96 ,176.4,192,352.8,384kHz
DSD 2.8,5.6,11.2MHz
S/PDIF サンプリング周波数: 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192KHz(※光は96KHz/24bitまで)
ビット解像度: 16-24-bit
アナログ出力: RCA=2Vrms
ヘッドフォン出力: 最大140mW x 2/32Ω
ダイナミックレンジ: 98dB
SN比: 112dB
全高調波歪率: 0.01%
電源: USBバスパワー 150mA/5V
付属品: USBケーブル(1m)
サイズ: h23 x d101 x w57 mm *端子・ノブ含む/重量:151g
カラー: メタルグレー
本体価格: ¥26,000 台(税別)
取扱説明書:PDFダウンロード

 NuPrime ドライバーインストールのご案内

NuPrime 製品は、PCとのUSB接続による11.2MHzのDSDファイルデータの再生にも対応しております。
下記ダウンロード方法をご確認の上、ぜひお試しください。

 WINDOWS USBドライバー入手の手順

※必ずご確認下さい!

「現在正常動作している場合はWin10 OS、Mac OSのアップグレードを行わないでください!DSDの再生が出来なくなります」

先ごろのWin10のOSアップグレードにより、 OSの構成上、NuPrimeが提供するUSBドライバーが使用できず、 結果DSD再生が出来ないことが判明いたしました。

また、MacOSに関しては、昨年12月に公開されました最新のOS10.13.2ですと、アップル社製以外のUSBオーディオでは動作しないものが多く、NuPrimeのドライバーも動作いたしませんのでご注意ください。これはハイレゾ対応機を含む全てのUSBオーディオ製品で動作しません。認識はしますがデータ転送が正常に行われない状態です。

この問題につきましては、すでにNuPrime社へ対応を依頼しております。また各OS側での対策も行われると思われますので、対応について進展がございましたら改めてご案内申し上げます。

ユーザーの皆様にはご不便をおかけすることとなり誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解ご了承の上、解決までお待ち頂けますようよろしくお願い申し上げます。

まずはこちらの手順でお使いのWindows PC、MACのOSバージョンをご確認下さい。