■Accessory Magic Cube

Magic Cubeは、≪アンプ ⇒ スピーカーケーブル ⇒ スピーカー≫の接続時、相互作用によって派生する固有の歪みを最小にする電源不要なアダプタユニットです。Magic Cubeは、
1)アンプとスピーカー間をケーブルで接続するときに発生する歪み
2)スピーカーケーブルを電流が伝わる時に生じてしまう歪み
この二つの根本的な問題に対してNuForceならではの独側的なアイデアに裏付けられた方法で対処し、その「魔力」を発揮します。
接続方法は、スピーカーケーブルのスピーカー側端子をMagic Cubeに接続し、そこから最短距離の別のスピーカーケーブル(付属品あり)でスピーカーへ接続します。基本的には一つのアンプ出力に対して1台のMagic Cubeを使用します。≪アンプ ⇒ スピーカーケーブル ⇒ Magic Cube ⇒ 付属スピーカーケーブル ⇒ スピーカー≫という標準的なセットアップに加えて、バイワイヤリング接続においても支障なく使用することができます。バイワイヤリング接続の場合は、まずウーファー側のケーブルに接続することをお勧めいたします。そのあとでツィーター側に接続して効果を確認、比較してください。
Magic Cubeは単体のままでも効果的ですが、さらに追加オプションとして用意されている3種類のフィルターを選択して内部の素子構成を変更すると、様々なオーディオシステムに、より良く適合できます。
■Magic Cubeがお使いのシステムにもたらすもの
Magic Cubeは、極めて簡単に様々なサウンドシステムの音質を向上させます。スピーカーケーブルによる伝送時の歪み成分が消えてしまうため、本来音楽が持つディテールの表出性が向上し、よりリアルで自然なサウンドステージの再現、ダイナミクスの深まりを実感されるでしょう。Magic Cubeは、その微妙な影響力で多大な音質の向上を実行するのです。Magic Cubeを最初にシステムに組み込んでご試聴された瞬間に、その効果はいとも簡単にお分かりいただけることでしょう。
■アンプ ― スピーカー相互作用
アンプとスピーカーはお互いの影響を受けずにそれぞれが正確に動作できる、というのは真実を反映していません。実際には、1つの動作がその他のものにも直接的に影響するという事実の積み重ねが全体を構成しています。スピーカーユニットとクロスオーバーは、エネルギーを蓄えた後に解放します。一連の動作の中で避けて通れないこの事実は、アンプから出力される本来の信号に起因する信号遅延として付加される『歪み成分』として動作します。電流がアンプに戻ってこようとすることを考慮し、この現象を「逆起電力」と呼称しています。
多くの最新アンプ設計には、逆起電力を消滅させるエラー修正回路や、その他の工夫がこらされています。もしアンプにそうした設計が加味されていなければ、スピーカーから出てくる再生音は「リンギング」と呼ばれるような、逆起電力による若干の共鳴を起こしてしまいます。
アンプが十分に逆起電力を処理できないときに歪みは発生します。逆起電力を修正しようとする際にもアンプはスピーカーに絶えず新しい信号を送り込もうとするため、問題はさらに悪化します。気が遠くなるような作業が連続しているのです。そうした場合、設計にかかわらず、アンプはスピーカーの入力端子へ歪み成分を送ってしまうという過ちを必然的に起こすため、真の忠実性が保持されなくなります。Magic Cubeのフィルター部分は、初発の逆起電力を減衰させるために設計されており、広帯域周波数における歪みを軽減します。これが達成されることで増幅ストレスをも和らげ、優れたトランジェント再生、ダイナミックなヘッドルーム、そして微細領域まで優れた解像度をリスナーに届けることが出来るのです。
■導体に誘発された位相歪み
Magic Cubeは、付加歪み軽減メカニズムとしてスピーカーケーブルを流れる電力で動作します。ある程度の低レベル位相エラーは金属導体内で発生し、とりわけ、マイクロダイナミクスに関しては、薄いベールのかかったような再生音となって認識されます。この歪みはかたちとして確実には捉えにくいものの、高性能システムはその存在を経験豊かなリスナーにとって耳につくものにしてしまいます。
位相エラーを引き起こすプロセスは、物理学者や電子技師の間で物議をかもす対象となっていますが、NuForce独自の実験では誰でも聴き取ることが出来るうえに、Magic Cubeの効果をさらに証明する結果をもたらしています。この特有の歪みのメカニズムは、全てのシステムで自然に発生する「フリッカー」(例:1/fノイズ)として取り上げられています。1/fノイズを誘発する分子レベルでの活動は、様々な金属をテストする薄膜で観察されるAC信号変調の形としてもまた一目瞭然です。Magic Cubeは、電子相互作用の可能性を減らす方法で電流フローを処理し、「フリッカー」に対処しています。歪みのメカニズムが本来は複雑であっても、Magic Cubeがもたらす改善点は、特に高解像度システムでより明らかになるでしょう。
■操作
通常のご使用状況下では、Magic Cubeはメンテナンスが不要です。更に、システムの安全を懸念することなくMagic Cubeを複数使用することが出来ます。精巧なマルチアンプシステムでさえも様々なアプリケーションでの音質改善の可能性がお客様に開かれているのです。
■標準インストール
通常、Magic Cubeはスピーカーケーブルの終端に接続されます。付属の短いケーブルはMagic Cubeの出力端子とスピーカーのバインディングポストとの間に接続します。もう1つの方法は、アンプの出力端子とMagic Cubeの入力端子とを付属の短いケーブルで接続し、スピーカーケーブルをMagic Cubeの出力端子とスピーカーのバインディングポストとの間に使用します。どちらの位置でも効果的な結果を生み出します。双方のパターンを実験いただければどちらがお手持ちのシステムのパフォーマンスにより適しているかが明らかになることでしょう。
■バイワイヤリング・インスタレーション
Magic Cubeをバイワイヤリング時にお使いいただく時、ご注意いただきたい事項があります。
Magic Cubeをスピーカー側に接続する場合、標準的には低域側のスピーカーケーブルに接続することになります。Magic Cube本体が中域から低域にかけて素晴らしい効果をもたらすのが理由です。もちろん高域側のケーブルにも使用できますので、実際に試してみて低域・高域のどちらに接続するのが最良の結果をもたらすかを確認していただくのがよいでしょう。
必要に応じて、Magic Cube本体をそれぞれ高域側、低域側ケーブルの両方にお使いいただくことは可能です。ただし、アンプのL/Rチャンネルそれぞれに対して追加フィルターは1個しかお使いいただけないため、スピーカーケーブルの高域・低域どちらにフィルターを設置するのかを決めていただく必要がありますが、これは重大な懸案事項ではありません。追加フィルターは、同じアンプ出力に接続されている以上、高域・低域側双方のスピーカーケーブルに影響をもたらします。
Magic Cube本体を高域側、低域側ケーブルの両方にお使いいただいた場合は、追加フィルターは高域用のスピーカーケーブルペアに接続いただくことをお勧めします。フィルター部分の最大の効果は、中域から高域です。
バイアンプの場合は、アンプ毎に追加フィルターをお使いいただけます。
バイワイヤリングケーブルを用いてMagic Cubeをアンプ側に設置する場合、Magic Cube本体/フィルターの組み合わせは1通りとなります。バイワイヤリングケーブルはMagic Cubeの出力に接続され、各々の部分はそれぞれのスピーカー端子に接続されます。
■高度なインストール
予算が許せば、Magic Cube本体をスピーカーケーブルの両端に接続することでさらなる効果を生み出します。この方法を用いてもアンプへの負荷はほとんど増えません。どれだけのMagic Cubeをシステムにお使いいただいても、リスクはほとんどありません。また、アンプとスピーカーとの間が長い場合には、中間点にMagic Cubeを用いてスピーカーケーブルを継ぎ足すことも可能です。ただし、追加フィルター部分はアンプ出力チャンネル毎に一つしかお使いいただけないことをご了承ください。
●追加フィルターの種類・用途
Nuforceは、3種類の交換可能な追加フィルターを提供します。
MC-SCTL _ 低出力インピーダンスタイプ 真空管アンプ用
MC-SCTH _ 高出力インピーダンスタイプ 真空管アンプ用
MC-SCSS _ 低出力インピーダンスタイプ ソリッソステートアンプ用
ただし、設置場所にかかわらず、アンプのチャンネル毎に追加フィルターは1個しかお使いいただけません。バイワイヤリングケーブルそれぞれにフィルターをご使用いただくのは、アンプの過負荷の原因になりかねますので絶対におやめください。


■SPEC
付属品 接続用スピーカーケーブル (約1m)/1本
本体サイズ(端子含む) 本体:H46×W114×D186 (mm)
  オプションフィルター:H39×W69×D21 (mm)
重さ 本体:約1kg
  オプションフィルター:約0.1kg
本体価格 ¥28,000/台(税別)
  オプション
  MC-SCTL_ 低出力真空管アンプ用 本体価格:¥5,800/台(税別)
  MC-SCTH_ 高出力真空管アンプ用 本体価格:¥5,800/台(税別)
  MC-SCSS_ 低出力ソリッソステートアンプ用 本体価格:¥5,800/台(税別)
※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。