※生産終了

■Mono Power Amplifier Reference18

Reference18 (以下、Ref18)は、数々の受賞歴を誇るReference 9 シリーズのモノブロックを超えるNuForce のトップエンドとして設計、開発された製品です。真のハイエンドと呼ばれるに相応しい性能とエレガントなスタイルを融合させ、さらなる改良に努めました。
Ref18 は、Ref9V3SE を範としてあらゆる面に対して改善が可能なすべての要素を検討し、再設計されています。入力回路、使用素子自体においては、より低歪かつ低ノイズを実現し、Cross-Matrix-Array (CMA)コンデンサ基板の一層の高速化による電源供給効率とスピードの向上が図られました。結果として音楽再生に極めて大きな影響をおよぼす優れた過渡特性を獲得し、圧倒的なパフォーマンスを引き出します。
CMA 基板の改善は、筐体内部の基板レイアウト及び、配線にも好影響をもたらし、トータルでバックグラウンドノイズの更なる低減を実現しました。
~その他の装備~
Ref18 はパフォーマンスの更なる向上はもちろん、特徴としてタッチパネルによる電源のON/OFF、WBT 製バインディングポスト、そしてNuForce の各種コントロールアンプと電源ON/OFF が連動可能な12V トリガーの入力端子を装備しています。また、脚部は円錐形のステンレス材と先端の特殊ゴムにより振動を制御、さらなる解像度に貢献します。

~アップグレードプログラム~
これまでの製品と同様に、Ref18 においてもアップグレードプログラムを提供いたします。これは一度買った製品を無駄にすること無く効率よくアップグレードしていただくことがNuForce の方針だからです。

~もっともニュートラルで滑らかなアンプ~
Ref18 は、Ref9 V3 SE が実現していたパフォーマンスをさらに磨き抜かれた音質へ引き上げます。お持ちの高品位システムと合わせることで以下の特性を明らかにします。

美しく手触り感のあるローエンド

奥行が深く、見通しの良いサウンドステージ

明白な中域と滑らかなハーモニーの連続性により、自然でゆとりのある再生が可能

ほどよい甘さと品位のある透明な高域


■SPEC
再生周波数帯域 20Hz (-0.3dB) - 120kHz (-3dB)
全高調波歪率 0.01%以下( 1kHz/10W/4Ω)
入力インピーダンス 22kΩ
出力
 
8Ω負荷時
4Ω負荷時
2Ω負荷時
瞬間最大出力(peak 20m sec)
325w
650w
1300w
最大RMS *連続出力が可能な最大パワー
175w
335w
335w
消費電力 スタンバイ時(LED オフ):2W、アイドル時:23W、再生時:290W
入力端子 RCA アンバランス×1 系統、XLR バランス×1 系統
入力インピーダンス 22KΩ
入力感度 252mV, 1W@8Ω; 2.57V, 100W@8Ω; 1.81V, 100W@4Ω
入力感度(最大出力時) 3.33V
ゲイン 21dB
SN 比 100dB (100W)
SP 出力端子 WBT バインディングポスト(Y ラグ, バナナプラグ対応)
AC フューズ スローブロー, 5A, 250VAC
動作電圧 全世界対応(84VAC-264VAC)
サイズ H67 × W430 × D374 (mm) *端子、脚含む
重量 7.1kg
外装仕上げ 高品位アルミニウム製ヘアライン&アルマイト仕上げ
カラー シルバー(天板:ブラック)/ブラック
付属品 電源ケーブル*木製の木箱に納めてお届け
本体価格: タッチパネルタイプ ¥900,000(税別) ※販売終了
▶ 取扱説明書ダウンロード(PDF)